ビジネス

人は見た目が10割!?

世の中の多くの仕事は物の売り買い(物販)で成り立っています。

身近な自動販売機もコンビニも全部そうです。

物販は身近ながらも最も奥が深いのが特徴です。

 

 

売り方1つ取っても色々なやり方があるため、市場は常に最新状態なわけです。

昔のやり方をしていたらすぐに置いていかれます。

 

 

例を挙げるとインターネット。

今やインターネットを導入するのが当たり前になりましたね。

導入していない、もしくは著しく乏しい企業は次々に業績を落としています。

 

 

ベンチャー企業と呼ばれる新鋭の企業はインターネットを駆使してどんどん進歩し、今や個人でも大企業並みの力を手にするほどの存在になっています。

 

 

話を少し戻しますが、物販は物販でも最近はインターネットを駆使した商品販売がとんでもないスピードで流行し続けていますね。

 

ネットショップ、フリマ販売、レンタル販売…などなど。

 

このように爆発的に進歩しているのはやはり売れるからです。

どの企業も売れなければ、赤字になるので黒字になる業種に関してはどんどん参入してきますし、どんどん競争が激しくなります。

 

 

つまり、ネット販売は大企業もこぞって目をつけるほどヤバい業種なわけです。

個人で運営している私でも月に300万とか平気で売れますからね。

そりゃ法人で組織化すれば1億なんて余裕で行くでしょう。

 

 

インターネット販売は人件費と経費を限りなくゼロに出来るため、通常かかるそれらのコストを全て利益に持っていくことができます。

それに加えて、インターネットが持つ巨大な集客力を販売に持っていくことで、圧倒的な販売成績を叩き出すことができるのです。

 

 

といっても、あくまでやっているのは商品の売り買いです。

そこらへんで100円でジュース買ってきて、150円で誰かに売るのと変わりません。

多分、販売知識のない子どもでもこれぐらいならできます。

 

 

なにが言いたいかというと、、、

物販は再現性が限りなく高いんですよ。

 

 

その再現性の高さを更にパワーアップさせる夢のような最強ツールが世の中には既に存在しますよね。

それが、インターネットのことです。

 

 

インターネット使っちゃえば商品なんて誰でも販売できますよ、マジで。

ヤフーオークションなんて親のアカウント借りて小学生でもやってますからね。

そんな時代なんですよ。今は。

 

 

小学生でも出来る物販を私たち大人がやらない理由があるでしょうか?

関連記事

  1. 副業サラリーマンに勧めるブログとメルマガのハイブリット方式
  2. お金を稼ぐために必要な3つのステップとは!
  3. 実際に僕が使っているおすすめのASP特集
  4. 人気がある商品が必ずしも売れる商品とは限らない
  5. サラリーマン必見!ホリエモン直伝、副業ビジネス成功の4箇条
  6. 成功者が密かに実践している最速で目標が達成出来る方法
  7. ブログで気をつけたい『言葉の選び方』。あなたの言葉は響いています…
  8. お金を作る方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP